AUTO 18DTS自動ドリルタッピング鋸盤

概要

AUTO 18DTSは、穴あけ、タッピング、切断を必要とする小さな部品用の設計です。

  1. 多機能の自動穴あけ、タッピング、自動のこぎり加工。 (3つの機能を選択できます)
  2. 自動穴あけ、タッピングヘッドはサーボモーターにより高精度に位置決めされています。
  3. 自動送りストローク6,500mm。 (オプション2,500〜5,500mm)
  4. 加工範囲内で同時に複数個を同時に切断できる高性能・高能率マシン。
  5. タッチスクリーンで簡単操作のPLC制御。
仕様
型番JIH-AUTO18DTS
処理方法 ドリリング、タッピング、ソーイング
サーボドライブシステム ベルト
AUTO3000による実際の測定 2.5〜6.5M(オプション)
切断能力(HXW) 120X120、100X230
鋸刃サイズ 18” x1”ボア
スピンドルモーターを見た 7.5HP
掘削モーター 3HP
掘削サーボモーター 400W
タッピングモーター 3HP
タッピングサーボモーター 400W
マックス。掘削旅行 150mm
送り速度 10〜40m /分
サーボモーター 750w
床からのテーブルの高さ 870mm
タッチセンシング画面 9.7インチ
空気圧 4〜6 kgs / cm2
主な機械寸法(L x M x H) 2,530x1,350x2,230mm
主要機械の梱包寸法(L x M x H) 2,630x1,450x2,300mm
メインマシンネット/総重量 830 / 900KGS
ビデオ